男性専用の育毛シャンプーを使ってフサフサヘアを取りもどそう

抜け毛の改善は薬物治療で

サプリメント

原因物質の発生を抑制する

男性型脱毛症は、全国で1,200万人を超える人が悩んでいると言われています。男性型脱毛症は思春期以降の男性に見られる現象で、抜け毛が増えることで生え際が後退したり、薄毛が進行して地肌が透けて見えるようになったりすることをいいます。現在、男性型脱毛症は医療機関における治療の対象になっています。取り扱っているのは都市部の医療機関に多く、横浜などは特に治療体制が充実しているエリアの1つです。横浜では皮膚科や美容皮膚科、病院の発毛外来などが治療を担当しています。また、横浜には男性型脱毛症をはじめとした男性の悩み全般に対応するメンズクリニックもあり、横浜以外の周辺エリアからも多くの人が訪れています。こうした医療機関での男性型脱毛症の治療は、薬物療法が中心となります。中でも処方される機会が多いのが、ザガーロという内服薬です。ザガーロは5α還元酵素阻害薬というタイプに属する薬です。5α還元酵素はもともと体内にある酵素で、男性ホルモンであるテストステロンと結びつくとジヒドテストステロンという物質を生み出します。このジヒドテストステロンが毛母細胞に入り込むと毛のサイクルが狂わされ、十分に成長しないうちに抜けてしまいます。これが男性型脱毛症を引き起こします。ザガーロには、5α還元酵素の活性を阻害する成分が含まれています。ザガーロを服用すると、ジヒドテストステロンの発生量が抑えられ、抜け毛を減らす効果が得られます。新しく生えてきた毛も、ジヒドテストステロンに邪魔されることなく、丈夫に育つようになります。